Facebook Twitter
mgtzon.com

鬼ごっこ: サポート

サポート でタグ付けされた記事

マテリアルハンドリング 101

投稿日: 12月 23, 2022、投稿者: Ryan McAllister
材料の取り扱いは、機械装置を使用して、工場内で商品を積み降ろし、移動する行為として説明できます。 材料処理機器とは、支持構造、補助機器、索具デバイスを含む機器を意味します。これは、人、材料、商品などの移動、持ち上げ、移動、または配置に使用されます。 さらに、リフト、ホイスト、または位置の人に使用されるモバイル機器が含まれていますが、建物に永続的に設置された高架デバイスは含まれません。 材料の取り扱いの詳細は、業界から産業、組織から組織へと変化しますが、材料の動き(リサイクル、スクラップ、半仕上げ、完成)の動き、介して、そして生産的なプロセスから広く識別されます。 倉庫とストレージ。 そして、受信および出荷エリアで。 材料の取り扱いに関して「材料」という用語を利用するときはいつでも、特定の方法で、または特定のサポートに関して、特定の記事を配置または移動するための装置、デバイス、道具、またはオプションを提供します。 | - |材料の取り扱いが不可欠ないくつかの実用的な環境の改善された概念を読者に提供するために、| - |#+#材料またはオブジェクトを使用して車両のロードまたはアンロード一般# - #| - |#+#充電または放電炉、ビン、チャンバー、またはその他の容器# - #| - |#+#記事または資料のスタッキングまたは積み上げ# - #| - |#+#キャリアまたは転送メカニズムの一般的な形式の組み合わせ# - #| - |#+#エレベーター、クレーン、またはホイストの一般的なフォームは、株を操作してキャリアに置くか、そこから外すための特別な機会に接続する場合は# - #| - |材料の取り扱いの「取り扱い」という用語は、非形の操作に類似しているとみなされる機器またはメカニズムによって物質に与えられた、非常に複雑で複雑な動きを特定します。 | - |倉庫管理システムは、実際には、倉庫内の材料用のコンピューターベースの在庫管理システムです。 RFとコンピューター端末を使用して、受信、保管、ピッキング、サイクルインベントリ、および出荷操作を操縦およびサポートします。 在庫の正確性、生産性、顧客サポートを改善するのに役立ちます。 | - |...

製造業におけるリフレクティブ サプライ チェーン

投稿日: 12月 12, 2021、投稿者: Ryan McAllister
英国の製造業のよく公表されたlight状は、内部価格の引き下げに関する要件が増え続けており、今日ではこれまで以上に、サプライチェーンの費用に焦点を当てています。 それにもかかわらず、サプライチェーンの性質とその建設はしばしば見落とされており、サプライチェーン全体の戦略を調べることで多くの内部コストを削除できます。 内部クライアントの要件を反映するサプライチェーンを作成することにより、以前は正体不明の非効率性の多くを削除し、パフォーマンスを改善することができます。 典型的な製造会社のサプライチェーン戦略を指定するために使用できる3つのクラスの製品があります。 第一に、継続的に生産され、特定の期間に生産量の大部分を形成するコア製品があります。 第二に、顧客の要件を満たすか、繰り返しの需要を満たすために定期的に製造された製品があり、最終的に不規則な顧客要件に合わせて製造された製品があります。 3つのカテゴリは、ランナー、リピーター、見知らぬ人として知られる場合があります。 それらの製品タイプの分類と、それらをサポートするために必要な配電チェーン組織との間には疑いのない接続があります。 各分類には、在庫の離職を最大化できるように、異なるプロバイダー戦略と在庫ポリシーが必要です。 例として、摂取率のためにランナーグループで使用される部品には、カンバンのような補充システムは、ストレンジャーズグループに適用されるため、長いリードタイムコンポーネントに大量の在庫を導入する場合があります。 その結果、適切なサプライチェーンプランを選択すると、2つの異なるシステムにつながります。1つはランナー用、もう1つは見知らぬ人向けです。 ランナーのサプライチェーンは、コンポーネントのコスト、品質、プロバイダーの配信パフォーマンスに重点を置いて、非常に効率的になることがよくあります。 しかし、Strangersのサプライチェーンは、不規則な顧客の要求に対応する必要があり、焦点はサプライヤーのリードタイムと、これらの困難な要求を予測する能力に焦点を当てます。 リピーターはおそらく両方のシステムを組み込んでおり、各要素に従うべき戦略に関するケースごとの決定を必要とします。 したがって、リピーターは通常、定期的なレビューを必要とするが、生産の定義能力を提供する戦術的な在庫保持に役立ちます。 この方法で商品の分類は、生産の要件を識別し、その結果、目的の出力額に達するために必要なサプライチェーンサポートの種類を識別します。 より重要なことは、この簡単な分析に基づく戦略が、クライアントの要件をサポートする可能性が高いことです。 製品のグループと、製品グループの異なるニーズをサポートするために必要なサプライチェーンのファッションを定義したため、これらのニーズに応じて分布チェーン自体を開発する必要があります。 したがって、その後のサプライヤー開発プログラムは、さまざまなサプライチェーンの要件に合わせて調整されているため、生産ニーズを奨励し、その後最終顧客を最も適切な方法で奨励します。 全体的なサプライチェーンのパフォーマンスを改善するために利用できるツールとテクニックがたくさんありますが、サプライヤー開発計画の確立を支援するために開発されたものはほとんどありません。 「サプライヤーポジショニング」と呼ばれる1つの手法は、プロバイダーのこのリスクと重要性についてクライアントの認識をマッピングします。何よりも、サプライヤーはビジネスの重要性と単純さに関する顧客を理解しています。 これにより、どのプロバイダーがサプライチェーンの強化をサポートする可能性が低いかを特定することにより、有用な情報を提供できます。 例として、多くの製造会社は、クライアントが「値である」という認識の結果として、一部の価格、配送、品質がクライアントの制御を超えている大手小売業者から比較的少ない大量のコンポーネントを購入し続けています。 したがって、これらのプロバイダーは、小規模な顧客の製造能力を悪性的に変更する不均衡な能力を持っています。 サプライチェーンの改善と成長戦略の生産において、「サプライヤーのポジショニング」を採用して、多くのサプライヤーが学位とともにクライアントをどのように見ているかを理解することにより、配布の完全性を保証することができます 良い関係を維持するために必要な相互作用の。 この手法には、サプライチェーン接続の潜在的な弱点または不一致を特定するという点で、追加の利点があります。 製品分類プログラム、そして生産要件に一致するサプライチェーンの作成は、サプライチェーン開発の戦略的方向性を特定するのに確実に役立ちます。 結果として得られるアクティビティは、よりlear的なサプライチェーンを作成するだけでなく、在庫のより大きな制御と内部クライアントの要件のより良い理解をもたらします。 生産会社内の3つの主要な影響の間には、削除可能な接続があります。 消費者の需要、製造能力、およびこれを満たすための材料の流れの特定は、必要な出力を作成するための明確に定義されたパラメーターと手順で統合する必要があります。 いずれかの領域での失敗は、ドミノ効果を引き起こし、合計で最終的に不幸なクライアントの時間通りに配達できないことになります。 要件の速度は、容量と物質の流れの要件を定義しますが、頻繁に隔離または無視するべきではありません。 需要または顧客の要求の変更は、バランスの取れた円を持つことによってのみ効果的に満たすことができます。 このモデルの各関数は他の関数によって決定されるため、共通の目的を達成するために正確な境界内で作業する必要があります。 したがって、サプライチェーンの非効率性を減らすための鍵は、反射的なサプライチェーンを達成するための開始点であるこれらの関係を理解し​​、管理することにあります。...

ビジネス インキュベーターの使用を開始する

投稿日: 11月 3, 2021、投稿者: Ryan McAllister
あなたの会社にとって重要な側面であるため、資金調達は通常、会社を始める上で最も一般的な障害です。 あなたのビジネスのアイデアが実行可能で有望に見えると条件に、ビジネスインキュベーターに頼るという選択があります。 今、彼らがあなたのアイデアが投資する価値があるかどうかを彼らがどのように理解するのか疑問に思うなら、ソリューションはあなたのビジネスプランを評価することによって、本当に賢明な(そして予測可能な)ものです。 ビジネスインキュベーターとは何ですか? いくつの種類がありますか? Business Incubatorは、スタートアップ企業または新しく設立された企業をサポートするシステムです。 それが提供する施設は、資金調達、安価なオフィススペース、さまざまなビジネスサービス(秘書支援など)から、管理のアイデアやサポートに行きます。 彼らの役割は、彼らが含めているプログラムの終わりに実行可能なスタンドアロンのビジネスを生成することです。さらに、彼らは応募者事業の実行可能性のために測定ユニットのように機能し、起業家にビジネスを再考する機会を与えます。 ストラテジー。 インキュベーターによって作成された企業の成功率は約85%です。 非営利と利益という2種類のインキュベータースポンサーがあります。 *非営利団体は、州または地方自治体によって直接、学校や大学を通​​じて、または商工会議所とともに奨励されています。 このようなインキュベーターは、失業率の低下、ビジネス形成率の向上、恵まれないグループの社会的支援を引き上げるために、社会的および経済的目標を達成するために使用されます - 若者、少数派、地域市場の改善など。 *民間企業は通常 利益を得ようとしています。 これらのインキュベーターのプログラムを申請することは、長期的な妨害協定を伴うか、企業の所有権の20〜80の割合を共有する可能性があるため、非常に疑わしく、包括的な分析の問題である必要があり、価値がないかもしれません。 誰が使用でき、要件は何ですか? 起業家は、彼のエンタープライズプロジェクトが彼または彼女の会社が大きな可能性を秘めていることを条件に、インキュベータープログラムに参加することを申請することができます。 重要な条件は、申請者が関連情報を含む事業計画を持っている必要があることです。 さらに、ケースごとに異なるこれらのプログラムへの入場には、通常、ビジネス業界、ビジネスプレイス、営利目的/非営利の資金調達計画または ビジネスは意味があります。 プログラムは通常、約30年間続きます。 ビジネスインキュベーターに頼ることの利点と短所。 一方では、ビジネスインキュベーターが提供します: *パーソナライズされた専門家援助 * entrepreneurial Training *アクセシビリティを必要とせずに資金調達 施設へのアクセシビリティ *安いビジネスサービス *起業家がビジネスの成長と利益を促進できる個人とつながる機会 *アイデア交換のためのフォーラム 一方、起業家 の間では、ビジネスインキュベーターにも不便があるかもしれません。 例として、利益を得ることを目的とするインキュベーターでは、ほとんどの場合、多くの企業にとって非常に厄介なものである可能性があります。 さらに、当局が後援する非営利のインキュベーターを使用すると、より多くの従来の企業ではなく、迅速な拡大を目指しているハイテクスタートアップ(より多くの仕事を生み出す)を好む傾向があります。 しかし、ビジネスインキュベーターはあなたの会社を始めるための非常に有用な機会になるかもしれません。 彼らは、初心者の企業にとって真の増加を構成する可能性があります。...